2006年01月23日

22日免状をいただきました。

主要な目的は由絃會の新年会、免状授与式に出席することだった。
寒い広島から、桜の咲く暖かい沖縄へ。
今月2度目の訪沖。
贅沢なのだが、前からこの由絃會の新年会は面白いと聞いていた。
そして教師の免状授与。これはぜひ自分で行きたいと思った。

そして、22日。西原町中央公民館にて由絃會の新年会が400名近くの参加で盛大に行われた。

いつもはコンクール会場になっている公民館の大ホール。
そこにぎっしり机をならべている。

総会、そして免状の授与式。

06-01-22_16-56.jpg

教師11名、師範7名に授与された。
大きな免状だ。
06-01-22_14-56.jpg

すぐに紋付はかまに着替え、初春大演奏会にうつる。
教師、師範は壇上で模範の演奏。
私も末席に座らせていただいた。
かぎやで風(新年バージョン あらたまの年に炭と昆布飾て 心から姿若くなるさ)
恩納節
御縁節
揚竹田節
由絃の謡
安波節
祝い節
かたみ節
鶴亀節
鷲の鳥節

以上10曲を続けて歌う。さすが400名近く大演奏は迫力だ。
こまったのは幕が下りてから。
足がしびれて。。。何名かの先生達と一緒に舞台裏で「ううう」とうなっていた(笑)
ベテランの先生でも、あるんだなあ。

このあとがすごい。延々21時まで演芸が続く。
仲西光雄先生の教室も「ウーマクカマデー」と「新カヌシャガマよー」を披露。
元横川教室のAさんも参加。

舞踊あり、芝居あり、もちろん民謡もさまざま。これは見ものだと思った。
生活の中に演芸が生きている島だと思った。
教室の方と長い時間飲みながら、話もできてよかった。
上江洲由考先生たちとも話をさせていただいた。
ユイユイシスターズとも記念写真。

カチャーシーと芭蕉布の合唱で幕を閉じ、そのあとは研究所で「ぐっしー」に。
また、ここでもカラオケ大会。私は一瞬の眠気のあとまた飲み続けた。

この日の前後のことはまた後日書きたい。

いただいた免状。

DSCF0003.JPG

posted by たるー at 23:28| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12151294

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。